vol.02 オーダースーツのデザインの種類

  1. クラシコ・イタリア、トラディッショナルスーツ、N・ブリティッシュ、マミカ・カミーチャ、スタンダード、ナロースーツの6種類のデザインからお選びいただけます。

それぞれ特徴やシルエットが違うので、お好みのデザインを選んでいただけます。

 

クラシコ・イタリア
Classico-Italia


イタリアン・クラシックを基調にした高めの釦位置、ハイゴージストレートラペルエッジの採用と、ウエストから袖にかけての自然なフレアードラインがバランスの取れたドレープ感と、バックスタイルを作る。3釦でも第一釦を掛けない「ハーフ返り」で衿のシャープさを強調。

クラシコ・イタリア

 

2Traditional_b トラディショナルスーツ
Traditional Suits


肩先に独特の丸みを出すために形成肩パットを使用した「ドロップショルダー」を採用。ゴージラインをやや高めに設定。
ウエストから裾にかけてのラインは広がり過ぎないナチュラルフレア。
胸ダーツを省いてウエストの絞りを抑えたアメリカン・トラディショナルは
オーソドックス+機能性を取り入れた普遍のスタイル。

 

N・ブリティッシュ
N-British


伝統の英国スタイルを現代の感性でアレンジした“ニューブリティッシュモデル”
カッチリ感を強調した肩ラインと大きく絞り込まれたウエストラインがドレッシーな印象を与えビジネスシーンはもちろんフォーマルにも最適なモデル。

3N-British_b

 

4Manica-Camicia_b マニカ・カミーチャ
Manica-Camicia


ナポリスーツの特徴である「マニカ・カミーチャ」(シャツ袖)を採用。肩パットを省き、肩周りは多く生地をいせ込んでいるため、着用感は肩口が非常に楽になる。クラシコイタリアのラインを継承したハイゴージに、ウエストを高い位置で絞ってボディラインにフィットさせた美しいシルエットが特徴。このモデルは副資材を出来るだけ省き、「軽さ」を追求。

 

スタンダード
Standard


英国ブリティッシュを原型に極端な特徴を省き、ナチュラルなショルダーラインとウエストラインで着心地を重視したスタイル。極端な特徴を省いた分、行き過ぎのないアレンジが可能になり、最もスタンダードな万国共通シルエット。

 5Standard_b

 

6Narrow_b ナロースーツ
Narrow


キーワードは「スリム」「シャープ」「直接的」
ショート丈を自然に見せる低めのウエストライン。細くシャープなラペルから直接的に見えるフロントカットでスタイリッシュな「Xライン」を形成。袖シルエットはボディに合わせたスリムライン。

 

2016.08.22