vol.08 いまさら聞けないスーツの種類②

topIMG

 

スーツの種類はTPOや使用用途によって様々な種類があります。
目的別に大まかに分けると、フォーマル、ビジネス、カジュアルに分けることができます。
男性がスーツを着始めるのは、成人式や就職活動での場面の人が多いのではないでしょうか。
ここでは、素朴な疑問から知っているようで知らないスーツの種類についての豆知識をご紹介します。
vol.06に続き、仕立て、ボタン配列によるスーツの種類をまとめました。vol.06はこちら

 

 

仕立てによるスーツの種類

 

h5_01-01
シャツのように軽く着られ、カジュアル・スポーティーな雰囲気を出すことができるスーツ。
肩パットや芯地、裏地等を省いた利便性に特化したスーツです。

 

h5_01-02
カントリー風生地で仕立てたカジュアルなスーツです。

 

h5_01-03
堅めで生地や仕立てがしっかりとしているスーツです。

 

h5_01-04
テーラードスーツに対して、ソフトな生地を用いて仕立てるスーツです。

 

h5_01-05
コーデュロイやベルベットを用いて厚手の生地を使用したスーツの総称のことを言います。

 

 

ボタン配列によるスーツの種類

 

h5_02-01
ジャケットの前のボタンが縦一列に並んでいるスーツです。
幅広く使用できるもっとも一般的なデザインでビジネスやパーティー、普段のおしゃれで着用可能です。

 

h5_02-02
一昔前まで日本で大流行したデザインで、上着の合わせ部を大きく重ね、ボタンが縦2列あるスーツです。
立場やシーンによって「重厚感」や「フォーマル」感を演出できます。

 

h5_02-03
ボタン位置の低い2つボタンスーツの俗称です。

 

h5_02-04
ボタン位置の高い2つボタンスーツの俗称です。

 

2016.08.27